◆クラス(年齢別)の紹介◆
【つぼみ組】0歳児
  生後2ヶ月の赤ちゃんから、1歳の誕生日を迎えた子ども達が毎日元気に過ごしています。
 0歳児の1年はめざましい発達があります。『寝返り』『おすわり』『はいはい』、そして『四つ這いで動き回れる』ようになり、柵等つかまる物を見つけ『つかまり立ち』をすると、たちまち『伝い歩き』ができるようになります。やがてつかまらずに立っていられるようになり、一人で立ち上がり、尻餅をついてはまた立ち上がりながら一歩…二歩…と『歩ける』ようになります。 何度も何度も挑戦する赤ちゃんから、私たちは感動と勇気をもらっています。
1年をかけてこの歩行に向け、一つ一つの過程を大切にしていきたいと思います。また、子ども達が安心して過ごせるように遊びをそっと見守り、『一人遊び』を楽しむ力を育てています。その為に落ち着いて遊べる環境作りをしています。毎日、保育者やお友達と一緒に笑ったり、泣いたり、歌ったりしながら、のびのびと生活している子ども達。今日もつぼみ組から元気な声が聞こえてきます。

【ちゅうりっぷ組】1歳児
  散歩に出掛けたり、園庭で遊んだりすることが大好きな子ども達です。秋が来る頃にはみんなで歩いて保育園の周辺や土手へ行けるようになります。散歩の途中での子ども達の発見を保育者も一緒に楽しんでいます。
 室内では『ままごと』『電車』『パズル』『積み木』…等の玩具を各コーナーに分け遊べるように環境作りをしています。徐々におしゃべりも盛んになって来ます。同時に『自己主張』をするようになり、友達同士のぶつかり合いも出て来ます。しかし、その中から少しずつ仲間同士で遊ぶ楽しさを知っていくようになります。また、排尿間隔を知ることから『トイレトレーニング』も始めます。1歳児は月齢差が大きいので、一人一人の成長に合わせた接し方をするように心掛けています。


【たんぽぽ組】2歳児
  2歳児組では、進級したばかりの頃は保育者とのかかわりの中で遊ぶことが多いのですが、日々の遊びは勿論、夏にはプール遊び、秋には運動遊びを通して友達同士の関わりを求める動きが出てきます。子ども達は散歩が大好きでよく土手方面に行きます。途中『抱っこ』と言って歩こうとしなかった子も、友達の応援で頑張って歩くようになります。先頭を行く子はある場所まで来ると必ず立ち止まって友達を待つようになり、中には来た道を戻って迎えに行く子もいます。自分のことしか考えられなかった子どもが、友達のことも考えられるようになります。
室内では、『ビーズ通し』『粘土遊び』『積木』『パズル』等自分の好きな遊びを見つけ出し、落ち着いて遊べるように玩具の環境作り、生活空間作り等を行っています。
 食事の面では、2グループに分かれて食事をしています。保育者が各テーブルに付き介助しながらきちんと食事ができるように配慮しています。


【きく組】3歳児
  新しい生活の中で、不安感や緊張感を持ちながら、毎日を過ごす4,5月の子ども達。時には登園の際、お母さんから離れられない子もいますが、徐々に慣れて来て少しずつ生活習慣も身に付いてきます。
 異年齢児とも一緒に過ごし、関わりを楽しむ中で、生活や遊びの経験が広がり、それと共に一人から二人、二人から三人と友達を求め始めます。この頃から、身の回りの事も保育者の介助を受けながら、頑張ってやろうとする姿が見られます。室内遊びでは、子どもが家庭に近い環境の中で落ち着いて生活できる生活できるように…という考えから年齢にあった玩具で保育者や友達と関わりながら、集中して遊んでいます。
 3歳児は、赤ちゃんらしさを卒業して幼児として出発行きます。しかし、背伸びをさせずに温かく見守って生きたいと思います。

【ばら組】4歳児
  4歳児は、好奇心旺盛で見るもの、聞く物すべてにものに関心を持ち、首を突っ込み、「なぜ?」「どうして?」と知りたがります。また、一緒に遊ぶ友だちの数が多くなり、活動の範囲も広くなるのでトラブルも多くなりますが、それを通して成長していくのが4歳児の特徴でもあります。
 遊びは『お家ごっこ』『レストランごっこ』『ままごと』等、自分の生活に近い社会的な事柄を模倣したごっこ遊びが盛んになります。
 手先の器用さが増し、細かい『ビーズ通し』も集中してじっくり取り組めるようになります。
4歳児後半になると遊びを仲間と一緒に楽しめるようになっていきます。
保育室には、そんな子ども達の遊びをのばす玩具を用意し、じっくり集中して遊べる環境を考えています。

【ゆり組】5歳児
  いろいろな行事の主役として活躍しています。
お泊まり会では、夕食の買い物や料理も自分達でし、お家の人と離れて、友だちと一緒に楽しい夜を過ごします。運動会は保育園最後の運動会ということで、子ども達も張り切っています。全然乗れなかった竹馬も毎日練習していくうちに乗れるようになったり、見上げるほどの高い竹馬に乗れる子も出てきます。また、室内遊びでは、編み物に取り組み、マフラー、敷物や自分の帽子を作る子供もいます。数人で集まって複雑な積み木を作ったり、ゲームなど一人一人が好きな遊びを見つけ、集中して遊ぶ姿も見られます。
 自分の名前の書けなかった子ども達も遊びの中から文字に興味を持ち手紙を書いたり、友だちの電話番号を聞きあったりして楽しそうに遊んでいます。
 一年を通して一致団結し、行事や遊びを楽しんでいます。

とっぷ
はじめに
ご利用案内
園行事
クラス紹介
あゆみ
ぽっぽくらぶ
 

 

 

 

 

  
Copyright 2006 IWANEHOIKUEN.COM All rights reserved.